2022年4月9日土曜日

「美術輸送を考える その4」 ドアドアパックサービスの輸送箱のこと

 皆さま

 

こんにちはご機嫌いかがでしょうか。

 

ハート・アンド・アート スタッフ  N👦 です。


ドアドアパックサービスの輸送箱は、サービスをご利用頂く上で、とても重要

になります。


以前のブログで、ご説明をいたしましたが、今一度カンタンにご説明を....

1 お申込みの時に額縁(あるいは外側寸法)ヨコ×タテ×厚cmをお知らせ

  いただきます。

2 弊社で折り畳み式の輸送箱を作り宅配便で送付します。

3 集荷日までに、お客様にて届いた輸送箱に絵画を梱包をしていただきます。

という流れになります。

美術団体に出品されている女性アーティストの皆様はたくさんご利用頂いて

いますが、初めての方、特に女性は心配な方もいらっしゃるかと思います。

そこで、弊社スタッフ H👨に輸送箱へ絵画を梱包してもらいました。

これから、その実演を写真にしましたので説明をいたしますのでご覧にください。

今回の実演は、F100ー2点を一つの輸送箱に収納した場合になります。


輸送箱の写真で実演説明


1 まずは、輸送箱を壁に立てかけます。

立てかけて広げられるスペースで(^^)



2 ベルトの黒いバックルを外してベルトを外していきます。
バックルをパチッと外しましょう(^^)

 


3 ベルトを外したら折り畳み部分を右へ広げます。
右へ広げよう(^^)
 


4 広げたほうのベルトの黒いバックルも外してください。
さらにパチッと外しましょう(^^)



5 被せ板を抜き取って、近くに立てて仮置きしてください。
最後のフタになる板をVの字に立てておこう(^^)



6 収納する絵を輸送箱の前に運んできます。
ここから慎重に(^^) 



7 収納しやすいように、下記○のように開口部を広げておきます。
入れやすくするポイント!(^^) 



8 基本的には伏せて絵を差し入れてください。



9 1枚目が輸送箱に収納されました。
まず1枚目OK(^^)



10 2枚目の絵も基本伏せて収納します。
 ※作品・額縁の形状によっては異なります。
額同志の相性もあるので画面が触れないように慎重に判断(^^)



11 2枚とも収納ができたら、被せ板を持ってきます。
Vの字に立てておいた被せ板でフタをします(^^)


12 被せ板は、Vの字で両手で持ってください。
絵にぶつからないよう気をつけてください。
被せ板の角でキャンバスを押さないように(^^)



13 被せ板を慎重に内側に下から差し入れます。
あと少しですよ 頑張ろう!!(^^)



14 そして左右を先に折り、最後に上下を被せ板の外側に慎重に折り重ねます。
折り畳みの順番を間違えないで(^^)



15 最後に、上下のベルト4本の黒いバックルを接続します。
カチッと繋いでいこう!(^^)



16 黒いバックルをつないだら、ベルトの遊びの部分を両手で握り、
下に向かって引き締めてください。
そうすると上下のフタがギュッと締まり、箱は固定されます。
ベルト紐をしっかり握ってギュッと引締めよう!(^^)



17 これで輸送箱の梱包が完了しました。
完成でーす(^^)/



あとは、集荷日にドライバーさんに預ければ、株式会社ハート・アンド・アート
の営業所まで運ばれます。

いかがでしょうか?。だれでもできるように作ってますよ~(^^)

弊社は、輸送の専門家として安定した輸送インフラをご提供していきます。


   何でも分からないことは問い合わせをしてくださいね(^^^)/


美術輸送の氷河期である今、ドアドアパックサービスを上手く活用しましょう!


必ず、事前にご相談頂く必要がありますので、まずはお電話・メールでご相談ください。

 

詳しくは → ハート・アンド・アート ホームページへ👀

 

この便利なアーティストの為に作ったドアドアパックサービスをもっと知って欲しいです。

 

ご高覧ありがとうございました。(^:^)//

















2022年2月20日日曜日

「美術輸送を考える その3」  ドアドアパックサービスについて

 皆さま

 

こんにちはご機嫌いかがでしょうか。

 

ハート・アンド・アート スタッフ  N👦 です。

 

「美術輸送を考える その3」です。


美術輸送の問題解決の為に作られたドアドアパックサービスのご説明ブログです。 


日本全国のアーティストの作品輸送に対応できるように作られたこのサービスは、

 

よく知ることにより、アーティストの皆様により有用にご利用頂くことができます。

 

まず「ドアドアパックサービス」の基本の説明をいたします。

  

1 サービスの提供範囲  


北海道 から 鹿児島県 まで、日本全国のお住まいの地域を

サポートすることができます。    

 

 但し、沖縄県と都道府県の離島で輸送手段が空輸あるいは船便となるエリアについては、

    輸送運賃が実費となるため対象外とさせて頂いておりますので予めご理解ください。🙇

 

2,輸送できる作品について 


輸送できる種類は、平面作品となります。


( 油彩・アクリル画・日本画・水彩画・版画・水簿画・ペン画など )

 

注1 🙅 立体作品や長尺作品はお取り扱いできません。

注2 🙅 強度や耐久性の低い作品、揺れ振動に弱い作品もお取り扱いが

   できません。(アクリル額縁など衝撃に弱いものも含まれます。)

  

2,輸送できるサイズと重さ 


最大サイズは、F130号(194×162㎝+額縁8㎝程度)までです。

★F130号より大きいサイズの場合は、その方法によってはご相談が可能です。

 詳しくは、各営業所へお問い合わせください。

 

  重さは、作品総重量30kgまでとなります。

  

4.集荷日につきまして 

 

  

ご希望日に、集荷に伺うことが可能です。

お住まいの地域により、最終集荷日は異なりますので、詳しくはお電話で

事前に確認をしてください。

  

※平日(月~土)の午後でドライバーが伺います。

日曜日・祝日と午前中の指定はできません。

 

   ※玄関前に不在置きすることも可能です。お申込み時にご相談ください。

  

 

5.サービスの利用方法につきまして 

 

このサービスは、美術団体展に向けて作られたのものが、基本となっています。

そして、弊社東京営業所と大阪営業所を拠点として、目的地である主要の美術館へ

搬入出を行う輸送及び各種代行のサービスであることをまずご理解ください。


   (集荷返却先)           ( 弊  社 )                       ( 目的地 )

アーティスト宅 ⇔ 東京・大阪営業所 ⇔ 国立新美術館・大阪市美術館

  

 

ここで重要になるポイントは、『 目的地 』です。

 

この目的地が、「サービス適用内に合致している」「弊社で取り扱いが可能」の


場合にドアドアパックサービス基本料金でご利用頂くことが可能になります。

 

ドアドアパックサービスの基本料金については、お住まいの地域・作品のサイズや

点数で異なりますので、いずれにしましてもお問い合わせください。

 

→ ハート・アンド・アート ホームページへ👀

 

さて、文頭で、このサービスをよく知ることで、有用にご利用頂くことが可能と書きました。

 

ここからが、ドアドアパックサービスのすごいところです。

 

基本料金+見積算出料金となりますが、様々な輸送欲求に対応することができます。

 

例1 北海道に住んでいるが、F1301点を鹿児島県の実家まで運びたい。

   → 🙆ドアドアパックサービスの利用可能です。基本料金+見積算出料金

 

例2 ・青森県の自宅から、東京銀座のギャラリーで個展をするので絵画15点を

    運びたい。

   ・岐阜県のアトリエから、大阪のギャラリーでグループ展をするので、

    F802点を運びたい。

→ 🙆ドアドアパックサービスの利用可能です。基本料金+見積算出料金

 

3 新潟県から、東京で開催するアートコンペにS100-2点を出品したい。

→ 🙆ドアドアパックサービスの利用可能です。

     ※但し、弊社で取り扱いが可能な場合のみ

 

例4 愛媛県から東京の美術大学の受験に提出するF130号を運んで欲しい。

→ 🙆ドアドアパックサービスの利用可能です。基本料金+見積算出料金

 

例5 山口県から、山形県のアートコンペにB0サイズを出品したい。

   → 🙆ドアドアパックサービスの利用可能です。

       ※但し、宅配便の送付受付可能に限る。

 

例6 ネット販売で絵画が売れたので、石川県の購入者へF60号を送りたい。

→ 🙆ドアドアパックサービスの利用可能です。基本料金+見積算出料金


可能性は無限大。まだまだ輸送欲求にお答えすることができると思います😀


逆に、

「お取り扱いができない、あるいは割高になる可能性がありお薦めできない例」

 

例1 静岡県から鹿児島県のアートコンペにF80号を直接搬入してほしい。

 → 🙅ドアドアパックサービスのご利用できません。

理由 直接搬入は、作家本人か代理人が無梱包で作品を持参し受付ができる場合のみに限られます。

 理由 鹿児島県には、弊社営業所がありませんので、代理人対応ができません。

 

例2 宮城県から福岡県のギャラリーで個展をするので絵画を運んでほしい。

 → 🙅ドアドアパックサービスのご利用できません。

   理由 福岡県のギャラリーの時間指定などへ対応ができないので難しい。

 理由 福岡県には、弊社営業所が無いので、+見積算出料金が割高になりお薦めできない。

 

例3 神奈川県から愛知県の美術大学へ受験の為にF100号を時間指定で運んで欲しい。

   → 🙅ドアドアパックサービスのご利用できません。

 理由 愛知県の大学での時間指定ができないのでご対応が難しい。

   理由 愛知県には、弊社営業所が無いので、+見積算出料金が割高になりお薦めできない。

 

 弊社は、輸送の専門家として割高と判断される場合、必ずそれをお伝えします。


   ですので、経験不足でも安心して問い合わせをしてくださいね(^^^)/


このように、サービスの特性を知ることで、有用に利用することができるんです。

美術輸送の氷河期である今、ドアドアパックサービスを上手く活用しましょう!


必ず、事前にご相談頂く必要がありますので、まずはお電話・メールでご相談ください。

 

詳しくは → ハート・アンド・アート ホームページへ👀

 

 

さぁ、次はドアドアパックサービスの輸送箱のご案内に入ります。


ここは、重要なお知らせになりますの次のブログで詳しく紹介をいたしますね。

 

この便利なアーティストの為に作ったドアドアパックサービスをもっと知って欲しいです。

 

ご高覧ありがとうございました。(^:^)//









2022年2月15日火曜日

日本が抱える美術輸送の問題 その2

 皆さま

 こんにちはご機嫌いかがでしょうか。

 ハート・アンド・アート スタッフ N👦 です。


 「美術輸送の抱える問題を考える その2」です。


 前回最後にご紹介しました「ドアドアパックサービス」はどのような成り立ちなの

かを少しだけお話ししてからサービス説明に入っていきたいと思います。

もう十年位前に遡りますが、美術団体展のアーティストは依然として大型作品の出

品傾向が続いていて、その出品団体でランクアップするとサイズを大きく出品できる

システムでもあるので、東京都美術館、国立新美術館を始めとして、主要都市の

美術館へ100号・130号・150号・200号と全国から本当に大作が集まっていました。

私たちも大型トラック2台3台と必要になる美術団体がまだまだ数多くありました。

しかしながら、ネット通販の利用加速で送料無料を豪語し、宅配便業者の値下げ競争

も受注のために激化していて、特に取扱量の少ない地方がその対応に苦慮し始めてい

たのもこの頃だったと思います。

そしてちょうどこの頃から、地方のアーティストが今まで運んでくれた宅配便業者

が運べないと急に言ってきて困っているので何とかして欲しいと各地からSOSの

電話が来るようになったのです。つまり宅配便の地方支店は担当エリアが広いが為

に、ネット通販で物量増の許容量オーバーを回避する為に、割安でリスクの大きい物

から切っていったのです。

東京に拠点を持つ美術専門業者の大半は、画材店から、あるいは美術館内の荷捌き

作業から派生した会社が割合に多いのですが、我々ハート・アンド・アートは物流か

ら始まった会社です。宅配便業者、一般貨物運送業者とのお付き合いを大切にしてき

ましたので、あの手この手でお困りのアーティストの輸送のお手伝いを協力各社に

相談して行っていました。

しかしながら、価格が安くできない、来年必ずしも同じサービスを提供できるか分か

らないという極めて不安定な状況で、この問題は年々全国に広がっていくことは察し

がついていました。そこで、さてどうしたものかとなったわけです。

元々地方から送られてきた絵画などを我々美術専門業者が受け取り、美術館への

搬入出代行をサービスの一つとして行っていましたので、東京から地方へ送り返すこ

とは契約した宅配業者に依頼する仕組みを確立していました。

各地方から東京間の輸送を何とかすればいいわけです。

しかし言うは易しでして、このサービスの実現にはたくさんの問題がありました。


「東京を一つの窓口にし、全国の支店の集荷を管理できるシステムをどうするか」

「安定した価格を提供できる運賃設定が果たしてできるのか」

「各地方から東京までの輸送リードタイムを設定できるのか」

「希望の集荷日を選択できるようにすることができるのか」

「宅配業者の輸送リスクを軽減するために梱包の強化をどうするか」


上記以外にも、細かい問題を含めればもっとたくさんの諸問題を契約宅配業者の担当

者様とご理解を頂けるよう粘り強く説明を続けながら、一つずつ時間を費やしてクリ

アにし、実現が近づいて最後の梱包が大きな壁になりました。宅配業者は梱包無しで

は運べない、手抜きの梱包で万が一破損が発生したらサービス提供を中断されて

しまう。そしてアーティストは、大きい作品を梱包する材料の入手が困難であった

り、女性アーティストも増えて梱包が得意ではなかったり、ご高齢者が増えたりと

年々その作業に苦労されていたのです。

アーティストにも宅配業者もメリットがある梱包って一体何なんだと、何か月も

かけて試行錯誤の結果、ドアドアパックサービス専用の折畳み式輸送箱ができたの

です。

アーティストには、

梱包材料を集めたり買いに行ったりすることが無くなる。

コンパクトで家に置いても邪魔にならない。

壁に立てかけてもできるスペースを取らない梱包設計である。

つまり女性でもカンタンに梱包ができる。

宅配便業者には、

とにかく丈夫で安全である。

専用の輸送箱で持ち運びしやすい。

輸送箱を運ぶだけでも運賃が発生する。

この三方両得👍の完成により、ドアドアパックサービスはついにサービス提供が

開始されたのです。

ふぅ~ちょっと熱くなりました (;^_^A 書き出すだけでも大変です。

ドアドアパックサービスの具体的な説明は次のブログにいたしますね。

この便利なアーティストの為に作ったドアドアパックサービスをもっと知って欲しい

です。

ハート・アンド・アートのホームページは → こちらから👀 

ご高覧ありがとうございました。(^:^)// 


2022年2月12日土曜日

日本が抱える美術輸送の問題 その1

 皆さま 

こんにちはご機嫌いかがでしょうか。 

ハート・アンド・アート スタッフNです。 

美術作品の輸送が本当に大変な時代になりましたね~。 

地元にいつでも運んでくれる輸送業者さんがいればいいですけど、

今まで画材購入の付帯サービスで対応していた町の画材店さんも高齢化とネット販売

の影響で廃業が日本全国で起きていますね。

美術専門輸送を提供している業者も、美術輸送だけでは大きな売り上げにはなかなか

なりませんので、大半はワンオーナーで家族あるいは少数で営業しているのではない

でしょうか。

更には、今の若者が労働リスクの高い不安定な売上げのこの美術輸送サービスを進ん

で起業し請け負う発想は今後より一層ないとも想像しています。

頼みの綱であった宅配業者さんも、50号オーバーの大きい絵画は運ばない、

あるいはかなりの高額運賃にするなど、輸送リスクの高い個人宅を避けています。

それもそのはずで、ネット通販の拡大とともに起きた個人宅の再配達負担問題と

物流倉庫内に溜まった届けられない残荷処理に追われることを嫌がっています。

不在置きやコンビニ受け取りなど必死の工夫を展開していますが、美術においては、

取り扱いとサイズの問題で解決は簡単ではないでしょう。

 

ところで、ハート・アンド・アートといいますと、東京と大阪に営業所がありますの

で、1都3県、2府4県はスタッフがトラックに乗って直接伺うことができますので

大作でも何とか対応していますが、さて、日本全国のアーティストの輸送をどうした

ものかと思案をしたわけです。

我々も美術専門で副業はしておりませんので、美術に関わるサービスを幅広く提供し

なければ一人でも多くのスタッフを雇うことはできません。

そこで誕生したのが「ドアドアパックサービス」なんです。

このアーティストの最後の砦ともなり得るドアドアパックサービスの説明は長くなる

ので、お話しの続きは次といたします。

 ハート・アンド・アートのホームページは → こちらから👀

ご高覧ありがとうございました。 (^:^) / 

2021年8月14日土曜日

公募展の出展時の額装アドバイスのこと

皆様 こんにちは、 

ハート・アンド・アート スタッフです。


額装のことで、よくお問い合わせがありまして、ここで、展覧会をサポートしている

私達から出品をお考えの皆様へ額装アドバイスをブログにしてみました。

 

近々ですと、「シェル美術賞」に出展をお考えの方も多いかと思います。

 

シェル美術賞はと言いますと、

応募要項に出品には仮額が必要

と記載されています。

 

  ~ シェル美術賞 応募要項より抜粋 ~




 

 



        受賞・入選作品は展示の際、仮額の取り外し可

となってますので、

栄えある入選展示の時は外しても構わないということになります。

なぜ審査の時に仮額が必要なのでしょうか?

公募展の場合、不特定多数の絵画作品が全国から集まってきます。

シェル美術賞ともなると、1,000点規模で、油彩・

水彩・日本画・版画・コラージュ・ペン画・鉛筆

画・パステル画・ユニークな素材や画材を使用して

制作した絵画など、とても幅広くバラエティに

富んでいます。


シェル美術賞のように若いアーティストの公募展

は特にその傾向になります。

でも、スペースには限りがありますので、

そのスペースを有効活用するために、基本的には

施設倉庫の壁面に、出来るだけ作品を重ねて保管

していく方式をとっています。

 (審査のある公募展は、まずこの方式です。)

 拙い絵ですが、お伝えしますと下記のように受付した作品を保管していきます。↓

 

 

上の絵から何とかお分かりいただけると思います

が、作品を壁に立て掛けながら重ねますので、

作品と作品が接触しないように、画面より高さが

あるもので画面を保護する必要があります。

 つまり仮額が必要になるということは必然になる

ということになります。

こうなってくると、大切な作品ですので、

作品保護には欠かせない結構大事だなものだな

と思って頂けると思います。

しかも、ある程度耐久性も必要だなとなりますよね。


仮額の基本ですが、 仮額は少なくとも、

画面よりも5mm以上は高くなっているのが

安全面で最善です。

 

 

仮額を装備しても下記のような額装にしてしまうと意味が無くなって危険です。

 


仮額を取付けたはいいが…..

 1 絵画面よりも、仮額が引っ込んでいる。

2 絵画面と仮額の高さがほぼ同じである。

3 ダンボールや薄いベニヤ板のようなもので

   全く強度がない。

 4 絵画と仮額をテープなどで仮止めしだだけ

    でビス等で固定していない。

 

画面の保護になっていないので、安全面を維持す

ることが難しいとなります。

出品者様の中には、仮額が審査の時に影響しない

か心配されている方がいらっしゃるかもしれません。

でも安心してください。

審査員の方は応募規定を承知していますので、

作品に過度に影響が出る仮額は避けた方が

より良いと思いますが、作品を見て審査をされています。

ですので、大丈夫です。

 

次に、 そもそも仮額とは何? 


について説明をいたします。

 

その名前の通り、仮の額です。

 

作品を保護することを目的とした額ですので、

展示する額では無いということです。

シェル美術賞の場合、受付証や作品ラベルが受付

受理後に、お手元に戻ってくると思います。

その内の、作品ラベルは、絵の裏で左上に

貼るように指示されていると思います。

※大事なこと※

これ、剥がれたらもうどなたの作品かわかりません。しっかり貼ってください。

 

この作品ラベルには、下のようなチェック欄があります。

 

これは、展示の際に仮額を外して展示したい入選

者への配慮となっています。更に、入選者に希望

があれば、作品画面以外となりますが、仮額を外

した後の処理など一度展示前に弊社にご来社頂い

て作業することも出来るようになっています。


ですので、十数万円、あるいは数十万円の額縁は必要ありません。

丈夫で着脱できる額、重ね合わせても問題無い額縁が最善となります。

 

仮縁の例を少しだけ記載します。

 

アルミフレーム

オリジン製など組立て式の仮額で安価設定。

★弊社でレンタルもやっている。

サイズや在庫に限りがあり。事前お問合せ必要。

 


 

棒縁    

弊社オプションサービスで桐材で作品実寸に合せてcuting

 



 

アクリルで作った額などを額装される方が稀に

ありますが、置くことも滑らすことも重ね合わせ

ることもできないので、仮額とは言えません。

傷つきやすい額縁は、極力避けるようにお願いし

ます。

 

それから、次いで申し上げると

額装のアクリル板 の必要性はどうでしょうか?

 

これも画面を保護するためのものですが、油彩・

アクリルなどの絵画であれば、基本的にアクリル

板は総重量が増すだけで必要はありません。

がしかし、それとは異なる、例えば、水彩画・

日本画・ペン(鉛筆)画・版画など紙を支持体

としている作品など画面が極めて繊細で耐久性

の低い作品は、できるだけアクリル板を装着して

画面保護をしてください。


シェル美術賞は、アクリル板はOK、

ガラス板は不可です。

こちらも、入選展示の時に外してほしい

となれば、ご対応可能です。

 

仮額は、自分の作品を保護するために必要で

その目的を達成できるものを選ぶということが

額装のアドバイスとなります。

 

ご不明な点は、

遠慮なく弊社へお問い合わせください。 

ブログを見て頂きましてありがとうございます。

株式会社ハート・アンド・アート

 TEL 03-6457-0961