2018年1月6日土曜日

国展出品者による「8の視てん」 開催のお知らせ


ハート・アンド・アートは意欲的な活動を続けるアーティストを応援しています!

今回は、1/8(月・成人の日)より開催される展覧会をご紹介させて頂きます。















展覧会名  国展出品者による 8の視てん

会  期  2018年1月8日(月・祝日)~1月14日(日) 

開催時間  11:00~18:30 (最終日は16:00まで)

展覧会場  ギャラリー向日葵 

住  所   東京都中央区銀座5-9-13 銀座菊正ビル2F

電話番号  03-3573-1680




皆さん 展覧会を見に行きましょう!



今回のグループ展で、徳重考一郎様、菊池憲様にご利用頂いた弊社のサービスは、

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

・ドアドアパック
・チャーター輸送(画廊の搬入出)

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

株式会社ハート・アンド・アートHPはこちらから


2018年1月1日月曜日

新年のご挨拶



 東京営業所、大阪営業所とも、事務所の営業開始は、上記の通り

 1月9日(火)からとなります。

 
 作品輸送、陳列・撤去作業など、既に弊社にご依頼頂いている現場作業に

 関しましては、年末年始期間中でも、お約束通りに実施・稼働しております

 のでご安心下さい。


 ネットからのお問い合わせ、見積依頼、お電話でのご対応に関しましては

 1月9日(火)からのご返答となります事をご了承頂けますようお願いします。


 本年も変わらぬご愛顧の程、よろしくお願い申し上げます。







 

2017年12月8日金曜日

【作品募集】第36回上野の森美術館大賞展

上野の森美術館では、将来の日本の美術界をになう、個性豊かな作家を顕彰

助成する「上野の森美術館絵画大賞」を昭和58年に制定し、以来毎年作品の

公募を行っています。

日本画・油絵・水彩画・アクリル画・版画などの素材の違いや、具象・抽象に

かかわらず、既成の美術団体の枠を越え、21世紀にふさわしい清新な絵画作品

を公募し、日本の美術界をになう有望な作家の積極的な参加を期待します。

応募された作品は厳正な審査を行い、絵画大賞、優秀賞を選出します。

選出された入賞作家には、作家活動奨励のため、上野の森美術館ギャラリーに

おいて翌年に入賞者展、絵画大賞受賞者は翌々年に個展開催の機会をそれぞれ

設けています。

皆様奮ってご応募下さい。



▼ 第36回上野の森美術館大賞展 応募規定(抜粋)
作品内容 日本画、油絵、水彩画、アクリル画、版画などの絵画作品。
過去2年間に制作されたもので、公募展などに未発表のもの。
サイズ M50号(116.7×72.7cm)以上、S100号(162.1×162.1cm)以内。
版画は162.1×162.1cm以内で下限なし。
マットを使用する場合は、マットを含め162.1×162.1cm以内。
その他 作品保護のため仮縁を使用すること。仮縁の幅は5cm以内。
作品・仮縁の厚さ(奥行き)は20cm以内。
ガラスを使用した作品、ガラス入りの額は不可。(アクリル板可)
作品の重さは仮額を含めて20kg以内。
出品点数 1人3点まで
出品料 1点 15,000円 2点 20,000円 3点 25,000円
30歳以下割引 1点 10,000円 2点 15,000円 3点 20,000円
審査員 浅野 均(京都市立芸術大学教授、創画会会員)
遠藤彰子(武蔵野美術大学名誉教授、二紀会理事、女流画家協会委員)
北田克己(愛知県立芸術大学教授、日本美術院同人)
菅原健彦(京都造形芸術大学教授)
土屋禮一(日本芸術院会員、金沢美術工芸大学名誉教授、日展副理事長)
中山忠彦(日本芸術院会員、日展顧問、白日会会員)
福田美蘭(画家)
水野政一(上野の森美術館館長)
上野の森美術館・絵画大賞 1点 150万円 他
搬入日 2018年2月24日(土)、25日(日) 10:00-16:00
お問合せ 上野の森美術館大賞展係
〒110-0007 東京都台東区上野公園1-2 上野の森美術館
TEL:03-3833-4191(受付時間10:00-17:00)



応募規定の詳細や資料請求はこちらから

▼第36回上野の森美術館大賞展(上野の森美術館WEB)
http://www.ueno-mori.org/exhibitions/main/taisho/


ハート・アンド・アートは【上野の森美術館大賞展の指定業者】です。
当社では、【直接搬入】【直接搬出】の往復輸送でのお取り扱いを予定しています。


→その他の公募展にもご対応致しております。 >>> 作品輸送のお問い合わせはこちら

→額縁や画材は画材ショップ楽屋を是非ご利用下さい。






2017年12月1日金曜日

シェル美術賞2017 開催のお知らせ


ハート・アンド・アートは意欲的な活動を続けるアーティストを応援しています!
今回は、12/7より開催の展覧会のご紹介をさせて頂きます。


新しいステージへ!シェル美術賞展2017では、
852点の応募作品の中から厳選された受賞・入賞作品54点を展示いたします。
 

 
 
 
 
 




 
【展覧会名】 シェル美術賞 2017

【  会期  】 2017年12月13日(水)~12月25日(月) ※19日(火)休館
        10:00 - 18:00(入館は17:30まで)

【  会場  】 国立新美術館[1階展示室1B]

【会場住所】  〒106-8558 東京都港区六本木7-22-2
         tel.03-6812-9921(会期中のみ)
     
 


数ある応募作品の中から選ばれた入賞者のアーティストの皆様が、これを機により多くのチャンスに恵まれ発展的に進まれることを期待しております。
会期中は下記のイベントを実施予定です。
受賞作家によるアーティストトーク開催。
2017年12月16日(土) 14:00~15:00
 国立新美術館[1階展示室1B内]  聞き手:島敦彦 審査員
 

過去受賞入選作家4名の作品を一部コーナーに展示する企画
 "シェル美術賞 アーティスト セレクション(SAS)2017" 開催。
出展作家:熊野海、柴田七美、竹中美幸、西村有
上記作家4名の新作・近作を同展覧会場に展示します。

■オーディエンス賞の実施。
2015年に引き続き「オーディエンス賞」を実施予定です。


みなさん展覧会を見に行きましょう!

2017年11月25日土曜日

第23回「真綿のヴィジュアル・アート」公募展 開催のお知らせ

ハート・アンド・アートは意欲的な活動を続けるアーティストを応援しています!
今回は、12/6より開催の展覧会のご紹介をさせて頂きます。


真綿を広く伝えるために、そして真綿の伝統や文化をより深く知っていただくための
「第23回真綿のヴィジュアル・アート」の展示が12月6日より開催されます。


長年にわたりハート・アンド・アートが展示を担当しているこの公募展では、真綿という素材を活かした心温まる作品、楽しい作品、斬新な作品など、作者のアイディアと素材の秘めた可能性に富んだ作品が数多く展示されます。      
日本の伝統産業である「真綿」を知る絶好の機会ともいえますので、是非足をお運びください。


「桑の木のある風景」絵画公募展入賞作品を展示
※先着300名様に作品集をプレゼントいたします。




  
 
 





それでは主催の一般財団法人 日本真綿協会のご挨拶を引用させていただきます。


「真綿のヴィジュアル・アート」公募展は今回で23回目を迎えることになりました。
「真綿」をアートの材料として捉えていただくことで、
真綿の新たな可能性を見い出し、 
より多くの人々が真綿に触れ楽しんでいただければと思います。
皆様のご来場を心からお待ち申し上げます。


 
【主催】  (財)日本真綿協会

【展覧会】  第23回「真綿のヴィジュアル・アート」公募展 
 
【会期】   2017年12月6日(水)~11日(月) 11:00~18:30 
       ※最終日は14:30終了
 
【会場】   田中八重洲画廊  TEL 03-3271-7026
 
【住所】   〒103-0028 東京都中央区八重洲1-5-15 TEL 03-3271-7026

 

 
みなさん展覧会を見に行きましょう!